あゆのひとり言
horizontal line

名前って難しいですね、地名もだけど。

horizontal line

先日、とある所で変わった苗字の読み方を教わりました。

 

「小鳥遊」さん。

何て読むかご存知でしょうか?

 

小鳥が遊ぶと書いて「たかなし」さん。

空で小鳥が遊べる状況は、鷹が居ないということだそうです。

へー、でしょ。

 

次は、「四月一日」さん。

 

これは、普通分かりませんよ。

「わたぬき」さんですって。

昔、この日に布団の綿を抜くという習慣があったそうです。

 

もう一個。「十野」さん。

 

一つ、二つ、三つ、四つ・・・・・・・・・九つ、十。

十だけ「つ」がつかないから、「つなしの」さん。

 

洒落てるって言えばそうですけど、ちょっと面倒くさい(ごめんなさい)。

地元の人は普通かもしれないけど、県外だとどこに行っても

「・・・?」ってな感じでしょうね。お気の毒です。

私の苗字は読めないことはありませんが、聞き返されることはしょっちゅうだし、「へー、変わってるね。」とか、「本名?」とよく言われます。

加えて、発音しにくいらしく、

「ふるたとさん」と言われます。

やっぱり日本人は「R」の発音が弱いのかなぁ・・・と。

で、そのままRに引きずられて「さ」の発音が「た」になってしまうのかなと。

私はいつものことなので何ら気にしていませんが、几帳面な方はちゃんと発音できるまで「ごめんなさいね。」と言いながら言い直しされるので申し訳なく思ってます。

 

苗字ネタにはちょっとだけ敏感な私。

鈴木さん、佐藤さんが羨ましいです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です