あゆのひとり言
horizontal line

烏帽子山荘ライヴ終了~。

horizontal line

お越し下さったお客様、ありがとうございました

三連休の最終日にもかかわらず沢山のお客様に集まって頂き、感激でした

 

私のライヴはとりあえず置いておいて、烏帽子山荘の女将をはじめスタッフの皆さんの「お・も・て・な・し」は、素晴らしいものでした。

1ドリンクとおつまみとなっていましたが、おつまみどころかお料理でした

品の良い味のオードブルは何種類もあって、お酒が進むお客様には、+1,000円で飲み放題。

甘党にはデザートまでも。

チケット代金には、私のライヴが含まれていなかったのでは・・・?と思うほどでした

 

ライヴはドラムレスだったので、ちょっと寂しいかなぁ・・・とも思っていましたが、川の流れる音しか聞こえない場所で金属音は違和感があったかもしれないかなと。

結果オーライでした。

アコースティックな音色は烏帽子山荘にぴったりで、初秋の雰囲気に溶け込みました。

マイクなしで歌っても良かったかな。2,3曲だけでも・・・。

 

無事に終わり、その日は女将のご好意でお泊りさせて頂きました。

テレビもラジオも無く、聴こえるのは虫の声と川の流れる音だけ。

あぁ・・・幸せ

お風呂は総檜。

贅沢だー

 

ちんまりと乾杯をし、ライヴの反省・・・

は、またの機会にして美味しいおつまみを頂き、音楽以外の話で盛り上がりました

 

以前にご紹介しましたが、烏帽子山荘さんは3部屋しか客室がありません(これまた贅沢だー)。

そんな訳で、メンバー3人で1部屋をお借りしました。

(1部屋と言っても、洋室と和室の2部屋ある感じですが)

1時過ぎに就寝し・・・

地響きのような音で目が覚めました。

 

イビキの大合唱です

アンサンブルです

(ライヴよりも良かったりして

 

2時30分。

このまま朝までだったらどうしよう・・・

 

とりあえず、襖を閉め、布団を被ってみました。

が、そんなもので聞こえなくなるはずもなく。

 

あ、静かになった。

 

と、思ったとたんに、更なる大きなイビキが。

これって、無呼吸何とかってやつでは・・・。

 

結局、対処法は何も思い浮かばず、2時間ほどして静かになったので、そこから再び就寝。

朝、すっきりした顔をした二人が憎らしかったっす。

美味しいコーヒーを入れて頂き目を覚ましてから帰りましたが、昼ご飯の後、ものすごい睡魔に襲われ、夕方にもう一波あり、ブログを書いている今も睡魔と闘っておりまする。

変な文章があったら、きっとそのせいです

 

寝不足を除き、最高に幸せなひとときでした。

烏帽子山荘の女将さんをはじめスタッフの皆さま、ご紹介して下さった眞知子さん、お世話になりありがとうございました。

沢山の方に来て頂き、愛される場所となりますように。

益々のご発展をお祈りしております

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です